トピックス

夜店だけじゃない?京都の夏を最大限楽しむ!祇園祭の見どころ3選

祇園祭は、日本最大の祭りの一つであり、京都の象徴的なイベントとして毎年7月に開催されます。この祭りは、その規模と文化的な豊かさから全国、さらには世界から多くの観光客を引きつけています。

祇園祭って?

1100年以上の歴史がある祇園祭。その起源は、平安時代初期にまでさかのぼります。869年に、全国に蔓延した疫病を鎮めるため、当時の平安京の庭園・神泉苑(しんせんえん)に、当時の国の数と同じ66本の鉾をたてて、そこに神輿を渡したことが始まりとされています。
7月の1カ月間続き、町中が熱気や高揚感に包まれます。中でも7月17日と24日に行われる「山鉾巡行(やまほこじゅんこう)」と「神輿渡御(みこしとぎょ)」は祭りのハイライトで、大いに盛り上がります。

<2024年のスケジュール>
7月1日:吉符入
7月10日~7月14日:鉾立
7月14日~7月16日:宵山
7月17日:前祭(山鉾巡行・神輿渡御)
7月21日~7月23日:宵山
7月24日:後祭(山鉾巡行・神輿渡御)・花笠巡行
7月31日:疫神社夏越祭

コンチキチン♪と、祇園囃子が響き出せば京の町はお祭りムードに。
各町で流れる祇園囃子の音色は、祭りの雰囲気を一層盛り上げます。特に夜に聞く祇園囃子は、神秘的で心地よい時間を過ごすことができます。

祇園囃子は、鉾の上で能や狂言を演じたことの名残とも言われ、太鼓(締め太鼓)・笛(能菅)・鉦(摺り鉦)の三つで演奏されています。

17日は祇園祭のクライマックスとなる山鉾巡行。混雑した中で山鉾巡行を観るのは至難のわざ。前祭でおすすめなのが、御池新町通です。前祭の山鉾巡行は御池通の新町通が最終地点。御池新町通は見物客もそこまで多くないので、山鉾をじっくり鑑賞でき、巡行の見せ場である「辻廻し」も観られて一石二鳥です。後祭では京都市役所前付近が道幅も広く、花傘巡行も見ることができます。

祇園祭といえば、やはり厄除け粽(ちまき)。祇園祭の粽は食べ物ではなく、笹の葉で作られた疫病・災難除けの御守りです。毎年、祇園祭の時にだけ各山鉾町のお会所や八坂神社で販売されるもので、京都では多くの方がこれを買い求め、一年間厄除けとして玄関先に飾ります。実はこの粽、各山鉾町のよってそれぞれ厄除け・疫病除けの他、縁結び、金運招福、学業成就など、様々なご利益や由来をもちます。気になる縁結びのご利益がある粽は、保昌山で購入することができます。

八坂神社や保昌山にも近くて観光が楽しめる!?

観光も楽しめる!好立地な場所のドーミー清水五条

ドーミー清水五条の物件情報を見る。

まずはお気軽に資料請求から!